フィナロイドとフィンペシアの違いについて比較してみた

NO IMAGE

男性で薬を服用する人は比較的少ない傾向にある一方で近年爆発的に利用者が増えている薬が存在します。

 

簡単に言えば薄毛・ハゲといったAGAに効果がある薬です。

 

しかしAGAの治療薬として有名なプロペシアは高価であり、代替となるジェネリック医薬品を利用する人がとても多いです。

 

日本では少しずつジェネリック医薬品の利用が広がっていますが、ジェネリック医薬品とは何かと聞かれた時「なんとなく安い薬」というイメージの人がほとんどだと思います。

 

今回はAGAの治療薬として利用されているジェネリック医薬品、フィナロイドとフィンペシアの違いを比較・解説していきます。

 

フィナロイドとフィンペシアはジェネリック医薬品

現在日本だけでなく世界中でジェネリック医薬品は増えています。

 

これは同じ効果を持つにも関わらず安価で、消費者側にとって有益だからという点と、製薬会社各社の競争力を高める事にもつながっているという二つのメリットが存在しています。

 

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれていて先発医薬品である新薬、今回のケースではプロペシアよりも後に開発された、プロペシアと同様の主成分を使用して、同じ効果をもつ医薬品の事を指します。

 

先発医薬品は研究開発コストが大きく、販売後に市場での安全性や有効性の評価をする為、それらの費用も含めた価格になる事から高値になります。

 

ジェネリック医薬品は既に製造販売されてある程度の実証データが存在する薬が基本になっている為、開発コストが抑えられていて、先発医薬品比べて安いです。

 

そういった背景もありプロぺシアの様な特許による独占性の強い医薬品もジェネリック医薬品として製造販売する事が可能となっています。

 

フィナロイドとフィンペシアの効果に違いはある?

結論から言えば効果に違いはありません。

 

フィナロイドとフィンペシアはプロペシアを基にしたジェネリック医薬品です。

プロペシアの主成分はフィナステリドであり、フィナステリドを利用したこれらの薬では薬効に違いはありません。

 

フィンペシアやフィナロイドの口コミを見ていると片一方は効かなかったのに、もう片方に切り替えたら効果があった、と言った内容のコメントを見る事がありますが、ただの勘違いです。

 

フィナステリドは効果が出るまで半年程かかる事が分かっていて、早い人であれば3カ月程で効果が出てくるケースもありますが、1年間服用して効果があるのは大よそ6割の人という試験結果が出ています。

 

3年継続する事で8割の人に効果が出たとの事なので、文字通り効果が出るまでに時間がかかっただけ、という話です。

 

仮に効かない人がいたとすればそれはフィンペシアやフィナロイドだから、という話ではなく単にフィナステリドが効かない体質の人だったという話に着地します。

 

購入方法は個人輸入代行店のみ

フィナロイドとフィンペシアは国内で購入する事は出来ません。もっと正確に言えばクリニックで処方してもらい、通常の薬局で購入する事は出来ません。

 

フィナロイドはフィリピンの大手製薬会社ロイドラボラトリーズ社の医薬品で、フィンペシアはインドの大手製薬会社シプラ社の製品です。

海外で販売されている医薬品であり、日本国内で承認されていないと言う事ですね。

 

日本国内で承認されていない医薬品は薬局で販売する事は認められていない為、購入する場合は自分で直接輸入するか、個人輸入代行店を利用する事になります。

 

日本の個人輸入代行店はオオサカ堂が有名ですが、探せばこういった代行店は多数あるので、探してみるのも良いかもしれませんね。

 

個人輸入代行店はトラブルの元?

個人輸入代行店は外国の医薬品を入手する為に非常に便利である一方で、トラブルが多いのも特徴です。

 

実は医薬品の個人輸入代行というのは、法律で認められてはいますが運営している母体は怪しい店舗も多く有名な医薬品を代行店で入手したものの、入手したものは偽薬だったといったトラブルは常に報告されています。

 

勿論全ての医薬品が偽物というわけではありませんが、日本の厳格なルールに則った店舗でない事からもある程度のリスクを理解した上で利用する事になる事を覚えておきましょう。

 

尚、個人輸入代行であっても輸入が禁止されている医薬品は入手できません。

 

副作用に違いはあるのか?

フィンペシアもフィナロイドも副作用は基本的にフィナステリドに見られる物、具体的には性機能の低下や肝機能の低下が共通して確認されています。

 

薄毛・ハゲの治療薬では大体初期脱毛が起こりますが、これは短くなったヘアサイクルが正常化に向かうにあたって、ダメージを受けた毛髪や毛乳頭が抜けて正常な髪の毛の生え変わりを促しているだけなので副作用とは言いつつも実際には正常化へのサイクルの一環とも言えます。

 

また、正確な情報は明確化されていませんが発現した副作用がフィナステリドが含まれた医薬品の服用を止めた後も継続する、フィナステリド症候群も見つかっていますが、フィナステリド症候群に対する治療方法は確立されていません。

 

違いは添加物だけ?

ほとんど違いが無い事が分かったフィナロイドとフィンペシアですが、実は一点大きな違いとして添加物が挙げられます。

 

フィンペシアは添加物が明らかになっている為確認が可能である一方でフィナロイドは添加物が明らかになっていません。

 

そもそもフィンペシアとフィナロイドは基になったプロペシアとは違う添加物を使っているのかという疑問が出てきますが、ジェネリック医薬品と基になった薬は原則として同じ添加物と違う添加物を組み合わせて利用しています。

 

添加物の違いはそのまま価格の違いは勿論、副作用の違い等様々な部分に影響してきます。

 

添加物による副作用と言えば2014以前のフィンペシアに利用されていたキノリンイエローに発癌性があるのではないかと話題になりました(2014年以降は使用されていません)。

 

添加物は医薬品の製造過程で効率化にしたり、薬効成分を効きやすくするといった効果やただの着色の為だけに利用したり等様々ですが、一方で何かしらの病気を引き起こす可能性がある為、添加物が表示されていないフィナロイドは若干不安なところがあるのも事実です。

 

安全性という点に限って言うのであれば、インドの会社であるシプラ社のフィンペシアの方が安心感はあります。

シプラ社に限らず、インドの製薬会社が製造している医薬品は国境なき医師団が使用する医薬品として多くの物が採用されている為です。

 

安全性と価格を天秤にかける

正規品であるプロペシア、国内のジェネリック医薬品であるフィナステリド錠がある一方でフィンペシアやフィナロイドを選ぶ理由は間違いなく価格です。

 

基本的にはプロペシアと同様の効果が見込める事、主成分であるフィナステリドによる基本的な副作用も同じである事から、薬効という点に関しては違いは無いと言えます。

 

ただし、違いを比較という点に絞るのであればフィナロイドにどの様な添加物が使用されているのかが全く分からないというのは大きなデメリットとも言えます。

 

安さはそのままリスクと割り切って捉えるのであれば現行の薄毛・ハゲの治療薬の中ではトップクラスに安いフィナロイドの方が良い一方で、添加物に不安を覚えるのであれば僅かに高いフィンペシアが選択肢としては強いですね。